ずっとラブラブでいるためには、こんな相性も必要です

  このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたと彼との相性をもっと高めたい方へ

あなたは「体の相性」について
理解していますか?

 

 

男女が恋愛を続けていく中で、
体の相性も重要となります。

 

 

体の相性というのは、
体そのものの合う合わないもそうですが、
性欲のレベルも、つまり体の関係を求める
頻度の相性の方が重要なのです。

 

 

例えば、男性は毎日体の関係を求め、
女性は月1で良ければ、
その違いはお互いにとって
強いストレスになります。

 

 

体の関係を持ちたい頻度が
あまりに掛け離れていた場合は、
相性が良くないということです。

 

 

体の関係、特に頻度についての
相性を改善したければ、
あなたと彼との関わり方と変えれば
折り合いがつくこともある。

 

 

例えば、体の関係を頻繁に持ちたい男性には、
普段から肌のふれあいを持つようにすれば、
体のふれあいを持ちたい欲を
抑えられることがある。

 

 

逆に、体の頻繁を持ちたがらない男性には、
性的に刺激を与えるようなことを
あなたが仕掛けると
改善されることもあるでしょう。

恋愛中の二人にとって避けられない、体の関係。

時にストレスの要因となる体の関係に、どう向き合うべき?!

相性を改善するヒント

体そのものの相性や、頻度の相性や

前のページで触れた、
基礎ステータスの相性について
改善するために心に留めて欲しいこと。

 

 

それは、お互いの相性が悪くても、
「悪気があって噛み合わないわけではない」
ということです。

 

 

例えば、勝気な彼と弱気なあなたの
価値観が合わなくても、
彼がわざとそうしているわけではないのです。

 

 

頻繁に体の関係を持ちたい彼が
月に1度関係を持てれば良いあなたに
関係を迫るのは、悪気があるのではなく、
そういう性質なだけなのです。

 

彼と良好な関係を築きたければ、
相性をうまく高めていく必要はありますが、
あなたが無理をしてまで合わせると
その恋愛がストレスになってしまいます。

 

 

彼やあなたが悪いのではなく、
お互いの性質を組み合わせた時に、
合わなかっただけなのです。

 

デリケートな体の関係こそ、本質を知りましょう。

彼は、嫌な事をわざと迫っているわけではないのです。

無理な場合次の相手に移行しよう

だからこそ、相性を高めたい相手とは、

あなたは相性を高める努力をし、
そうしても噛み合わない相手とは
関係を断つことをおすすめします。

 

 

ストレスの多い恋愛をしないためにも、
ふたりの相性を測り、
相性を高めるようにすると良いでしょう。

 

 

現実世界の出会いなら会話で、
インターネットやLINEを使った出会いなら、
メールなどのやり取りをしているうちに
その作業をすることをおすすめします。

 

彼を愛していても、過大な我慢は禁物。

ストレスになる前に、相性を高める努力を精一杯してみて。

次のページは、いつか訪れるかもしれない
「別れ」について解説をしていきます。
恋愛の分岐点を知り、別れを阻止しましょう!

 

 

>>あなたにも訪れる「恋愛の分岐点」へ進む

 

>>長く続くカップルの秘訣のページへ戻る

 

>>LINE出会いトップページに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたと彼の「体の相性」を考察して、愛を深める関連ページ

恋愛が長続きするコミュニケーションをするために
出会いをマスターし、特定の男性と交際するようになったら、その男性と末永く幸せでいられるためのコミュニケーションを手に入れましょう。付き合い始めの最初は、こんなことに気を配るとうまくいきます。
彼との恋愛を長続きさせるために必要なことって?
男性からずっと愛され続け、恋愛を持続させるためには、女性に必要な能力があります。出会いを成功させ、理想の男性を見つけたあなたには、是非身につけて頂きたいです。3つの能力、紹介しました。
彼をダメ男にしないために-基礎ステータスを改善しよう-
「彼が定職につかない」「暴力をふるう」…ダメな男性とばかり付き合っている女性はいませんか?あなたの基礎ステータスを改善すれば、「ダメ男を作ってしまう相性」から抜け出すことが出来るかもしれません。
ふたりの相性を測るための「基礎ステータス」を知る
彼や彼氏候補とあなたの相性を測ることが出来たら、あなたの恋愛はもっとラクになります。ふたりの相性を測るための「基礎ステータス」について解説しました。相性を高めるためには、あなたの性格ステータスを変えるようにすると良いです。

トップ 女性向け☆LINE出会い法 男性向け☆LINE出会い法 管理人のページ