あなたが使いやすいLINEにする「プライバシー設定」

  このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEの利用で「個人情報の漏えい」が気になっている方へ

仕組みを理解すれば、
より安全にLINEを利用出来ます!

 

 

2011年にサービスを開始し、
開始当初は5万人程度だった利用者も
現在国内では4000万人越え、
全世界では1億人を超えるといいます。

 

 

1対1でチャットや無料通話を含む
「トーク」機能、
特定の複数人でやりとりが出来る
「グループトーク」機能

 

 

その他にも、SNSのように
つぶやきなどをチェックできる
「ホーム/タイムライン」機能もあります。

 

 

コミュニケーションに最適な
様々な機能を有するLINEですが、
これだけ急速に普及をしていると
気になるのがプライバシー。

 

 

「登録したら個人情報が漏れるのでは」
「電話帳にある人すべてにバレるのでは」

 

 

今回はそんな疑問にお答えすべく、
LINEの仕組みについて解説します。

無料なのに、いろんな機能があるLINE。

大切な個人情報を守る為にも、機能を覚えましょう。

LINEの利用に必要なあなたの情報

LINE専用のアプリをスマートフォンに

インストールすると、
まず電話番号での認証が必要です。

 

 

この電話番号はLINEのサーバーに送信され
保存されます。

 

 

LINEに送信されるあなたの
電話番号やメールアドレス、
もしくはアドレス帳内のそれらは、
暗号化されてサーバーに送信されます。

 

 

なので、万が一に
情報が漏えいしたとしても、
電話番号やメールアドレスが
第三者に知られる可能性は低いのです。

 

 

どうしても心配な場合は
facebookのカウントを利用することが
出来ますが、友だちを1人1人手動で
追加をする必要があります。

まず必要な情報は、あなたの電話番号。

暗号化されるので、情報漏えいのリスクは低減されています。

アドレス帳内の人たちに公開するか否か

LINEを利用する際、

「友だちを自動追加するか」や
「友だちへの追加を許可するか」
設定をすることが出来ます。

 

 

「友だちの自動追加」とは、
スマートフォンのアドレス帳内の人を
友だち(「トークなどが利用できる相手)
として自動的に追加する機能です。

 

 

これを許可した場合、
アドレス帳内の電話番号やメールアドレスが
LINEのサーバーに送信、保存されます。

 

 

そうすることで、アドレス帳内にいる人で
すでにLINEを始めている人や
これから始めた人を
友だちに自動登録させることが出来るのです。

 

 

自分の電話番号やメールアドレスを
登録するときと同様、
アドレス帳内の電話番号やメールアドレスも
暗号化され送信されます。

 

 

「友だちへの追加を許可する」は、
あなたのアドレス帳内の人がLINEを
利用していた場合、あなたを友だちとして
登録することを許可するか否かです。

 

 

「友だちの自動追加」も
「友だちへの追加を許可する」も
LINE登録時に必ず行う設定で
OFFにすることが可能です。

 

 

「特定の相手とLINEがしたいけど、
 他の人にはバレたくない。」

 

 

そんな人は、登録時の設定で、
それぞれの項目のチェックボックスで、
必ずレ点を使えば、
より安全に使えますね。

 

安全にLINEを利用できるかは、あなた次第。

守りたい情報は、あなた自信が管理して守りましょう。

次のページは、LINE活用実践編!
インストール方法について解説します。
あなたの世界が広がる第一歩です!

 

 

>>LINEの使い方とインストール方法のページへ進む

 

>>LINEとはのページへ戻る

 

>>LINE出会いトップページに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ 女性向け☆LINE出会い法 男性向け☆LINE出会い法 管理人のページ